toggle

インプラント矯正

インプラントを利用して従来よりも早く適正な位置へ歯を誘導!

お痛みはほとんどなく、難しい症例も可能になります

インプラント矯正って?

インプラント治療

従来の矯正装置にインプラントを利用することで、さらに大きな力を加えることができます。矯正期間も短くなりますし、精度の高い治療を行うことができます。インプラントは小さなねじ状ですので、歯茎に埋め込み、歯を引っ張る固定源にすることで早く歯を動かすことができます。

インプラント矯正の特徴

  • 痛みがほとんどなく、安全で確実な治療が行えます
  • 難しい不正咬合(歯並びがよくない)の治療もできるようになります
  • より精度の高い治療結果が期待できます
  • 治療期間が短縮されます
  • ヘッドギアなど目立つ矯正装置を用いなくても治療できるようになりました

治療の流れ

①スクリューの植立

麻酔のあと、歯ぐきなどに小さなスクリューを入れます。1本入れるのに30秒から1分ぐらいかかります。麻酔をしておりますので、お痛みはほとんどありません。麻酔が切れてもお痛みはほぼ残りません。気になる方には痛み止めをお出しします。

②スクリューの安定

スクリューが安定する場合もありますし、少し期間を要する場合もあります。その間にスクリューがゆるむとか違和感があればご連絡ください。

③移動開始

スクリューを土台にして、ゴムやスプリングをかけて歯の移動を開始します。矯正治療の難易度にもよりますが、半年から1年程度入れたままになります。

④矯正治療

正しい歯並びにしていきます。この間、定期的に来院していただきます。

⑤スクリューの除去

スクリューを逆回しして外し、ほとんど痛みはありません。スクリューが入っていた穴は1日ですぐにふさがります。※治療期間中にスクリューがゆるむことがあります。その場合は再度新しいスクリューを入れな直すことになります。